メタルコート光ファイバ

光デバイスを組立てる上で必要とされる、ファイバへの金属コーティング、ファイバ先端加工、気密フランジをご提供致します。

メタルコート光ファイバ

基本コーティング

ニッケルコート処理し、その上に金コートを施します

コーティング可能金属

ニッケル、金等

コーティング処理

ニッケルコートは、光ファイバ上の先端全面・先端一部分他、光ファイバ素線・芯線の中間部分に処理可能です
めっき可能長は100mm程度です

お客様のニーズに合わせた加工の提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい

先端加工ファイバ

先端加工ファイバ画像1
先端加工ファイバ画像2

光ファイバ端面を球面加工することにより発光素子との結合効率を高められます

光ファイバと球面レンズが一体となっていますので機器の小形化に寄与します

シングルモード用テーパ先球ファイバの先端Rは5~15μmが可能です


気密フランジ

光ファイバに厚肉メタルコートを施した気密シール用光ファイバを気密封着したもので、
圧力容器、真空容器など隔壁に光ファイバを貫通させる光気密アダプタです

貫通部が光ファイバのみのシンプルな構造のため接続損失が小さく、
気密性、耐圧性、耐熱性、長期安定性に優れています

挿入損失はレセタイプの場合は2dB以下(GI、50/125)、
両端ピグテールの場合は基本的にゼロ損失となります


製品情報
光ファイバケーブル
LANケーブル
FAロボットケーブル
アナログ用光デバイス
光ファイバ高精度特殊加工
光エレクトロニクス製品
その他の製品